« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月27日 (土)

死闘!キッチン!~食洗機ver~

 今日また営業さん・設計士さん・住宅屋さんとの打ち合わせをしました。前回の訂正部の変更やら訂正やら修正やら…って同じか。
 キッチンも対面に決まりわくわく気分でもう一声。やっぱり欲しい食洗機。しかし。坪単価に含まれるキッチンの仕様は、大きく二種類。

【カウンターは人造大理石仕様で、収納もすべて引き出し式のスライドで大変便利。見た目で惚れた仕様】
【カウンターは通常のステンレス。収納は観音開きや片開きのとてもよくあるタイプだけど食洗機付き】

 (-_-;;;;うわ~決められない。どっちにも決められない。MY頭脳で例えれば、どっちの料理ショーで”究極のヤキソバ”VS”至高のお好み焼き”位の難題だ。

 先日お義母サマから更に「ね、Qさん。食洗機なんて贅沢だし、それよりカタログを見て。人造大理石の方ね。どちらを選ぶかはもちろんQさん次第だけれど、何より使い勝手がいいし、素敵じゃない。」と電話がありました。

 やばい。これ以上わがまま言うと嫁としての立場も危ういかも。実は今回の打ち合わせにはお義母サマがいらっしゃらなかったので、ダーリンも私も本音トーク。

Q「人造大理石仕様にオプションで食洗機をつけたら…どの位ですか?」
住「…そう…ですね。10万位…ですか?」
ダ「つけろよ。その位。今さら10万びくびくするな>Q」
Q「…(沈黙)これ、他のサービス削って、食洗機サービスでつけてもらえませんか?(^^;; お、お義母サマに怒られそうで…。ほら、サービスって言えばきっと通る内容ですし…」
住「(慌)こ、これ以上はもう…」
ダ「いいよ。おれからも言うから。つけろ。建てるのはオレだっ!」

 そんな訳で明細にはしっかりと。いけない。どっちかを選ばなければいけないのに両方選んでしまった私は、世間でいう嫁姑大戦争の地雷原を強行突破しようとしているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月23日 (火)

それぞれのカタログ

 横浜の実家に遊びに行って帰宅すると、テーブルの上にはダーリンの好きな車のカタログがたくさんあった。BMW・ベンツ・マークⅹ他。

 もちろん今買える訳ではないけれど、『いつかは』のノリでディラーを回りまくったらしい。車好きの私もついカタログに魅入る。
Q「国産上級車買うなら、c-class買える値段なんだね…でもマニュアルがいいしなぁ。。。マークⅩがやっぱり美味しいかなぁ」
 そんな事を言いながら、テーブルの片隅に目をやると、私宛の郵便物。
 
 ”やの○ん”?妖怪瓦版の会社かぁ。
ダ「お前の郵便物ってよくわかないよなぁ、何なの?それ」

 開くと『妖怪カタログ』が(笑)。妖怪道53次やら、グッズの販売のカタログでした。つい眺める私。高級車のパンフにまじって、なぜか鬼太郎の絵がまじる。こんな光景は一般的にはないでしょう。

ダ「(^^; おいおい、ベンツのカタログ広げながら、どうして妖怪カタログなんか眺めてるんだよ~」
Q「え?妖怪は文化だよ。人間が文明をもっている以上、代々受け継がれている学問じゃん」
ダ「車だって自動車工学だぞっ!第一に家買うんならフェラーリ買えるんだぞ!フェラーリがっ!」
 
 そんな私もいつフェラーリにのってもいいように、○○年間マニュアルに乗り続けている。
 そういう日が来ないかもしれないのに。馬鹿。自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月17日 (水)

見下ろす世界

 ダイニングにある2階への階段を1段昇ってみる。

 …高い。この位身長あったら、ものも取りやすいし、見やすいな。あ、オーブントースターのトースターの焼き具合も背伸びしないで見える。そしてダーリンを見る。…まだ負けてる(笑)。

 階段をもう一段昇ってみる。
 …ふふっ。世界が違うわ。でも普段気にならなったホコリとかも気になるなぁ。そこへダーリンが。

ダ「…(--;お前、そこで『ぼけ~っ』と何してんの?」
Q「ふふっ。1段高い世界では勝てないから(何にだか)、2段高い世界から見下ろしているんだよん」
ダ「……(^◇^ どうでもいいけど、そこ【3段目】だぞ。本当、お前って不思議ちゃん」

はうっ!(脂汗)1・2…3段目だっ?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月15日 (月)

死闘!キッチン!(後半)

ダーリン「いいからっ!本人が対面がいいって言ってるんじゃないかっ。そうしてやろうよっ!」
 (Q心の声 「おおぅ~ダーリン助けてくれてありがとう。」)
お義母サマ「まぁ、住むのはあなた達だから、ね、Qさん。最終的にはQさんが決めて頂戴ね♪ただ”そういう話もあるのよ”って言いたかっただけだから」
Q「…それならやはり対面キッチンで…(^^;」

 そして、ラフ設計にはようやく対面キッチンが(..;; セーフ。私達の事を非常に一生懸命心配しているお義母サマから「Qさん、やっぱり対面だと…」という、それは長い電話があった事を付け加えておきます。はうぅぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死闘!キッチン!

 …フフフ 実は新居の土地が決まったのです。やっぱり嬉しい♪場所も今住んでいる場所から近所なので日参。そして住宅屋さんと打ち合わせする事数回。メンバーはダーリン&お義母サマ&私&設計士さん&建設屋さん&住宅営業さん。ちなみにお義母サマとは同居しません。お互い縛られない生き方をしているので、その方がいい関係でいられると双方判断した上なので、ご心配無く(^^ 関係は後日日記で。

 それでも夢に見た新居♪わくわく。やっぱり対面キッチンにしたい。
Q「キッチンは対面にしたいんです。一人だけ台所に篭ってるのは…寂しい…」
お義母サマ「Qさん!私のお友達が言ってたけれど対面キッチンはリビング全体が汚れやすいし匂いが移るから、ってあまり薦めていなかったわよ。

 私の台詞の3/5あたりでにこやかにお義母サマの助言。ここは今後の嫁姑関係を左右する局面かっ?!しかし(汗)

Q「…で…も…友人達も対面にしてる人が多いし、やっぱり…
お義母サマ「毎日の事なんだから、冷暖房効率を考えると別々にした方が、リビングでの光熱費も抑えられるじゃない。その方が絶対いいわよ、ね。場所もとるっていうし」
住宅営業さん「そうですね…対面キッチンですと、それだけで4畳はとられますからね」
 (Q心の声 「言うなっ!あんた今それ言わないで頂戴よっ!当初から対面がいいって、物件探し当初から言い続けてきてるでしょうにっ!担当変えてもらうわよっ!」)
お義母サマ「ほらっ。(^^ ね。だったら建ぺい率もあるからキッチンの分を削ってもう一部屋作った方が何かと便利よ」

   ここで。対面キッチンで4畳というと、なんだかすごく感じるけど、普通のキッチンだけでも3畳はとられます。日本の住宅事情だと1畳の違いは大きいけれど、かといってこの1畳の差で一部屋は増えない。→後半へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 8日 (月)

飛行機ぶぅ~ん

 とても暖かかったので所沢の航空公園に初めて行きました。
 駅前からいきなり大きな自然公園。素敵な環境♪そして日本の飛行機の歴史発祥の地というだけあって、飛行機づくめで博物館も堪能。明治時代からの飛行機技術の発達、戦前から戦時中の航空学校の内容ですとか、戦後GHQが発足し米軍基地として接収、当時の資料に制服…。思わずまた妄想してしまいそうな内容。

 館外にでると広い芝生エリアで、ゴム動力の飛行機を飛ばしている人がたくさん。小学生の頃、兄とよく飛ばしっこしてたなぁ~と眺めているとダーリンが突然「ちょっと待っててっ」と珍しく早足。いや、走っている?珍しい。本当に。普段は森の熊さんのようにのしのし歩いている御仁が…。暫らくして戻ったダーリンの手には350円のゴム動力の飛行機(笑)。

 懐かしさにつられて早速飛行機をセット。ゴムをつないだプロペラを巻き巻きして早速飛ばす。クルクル~すとん(笑)。そこに登場した幼稚園児とおぼしき少年が「そこにいるおじさん達が飛びやすいように直してくれるよ」と。
 視線をその方向に向けると、達人集団が。(^^;すご…。何だかノリは石神井公園のラジコンボート愛好家の一団のようだ。。。
各自、ペーパープレーンを数機とメンテナンスの道具を広げ、長い時間を過ごす為かもちろんお茶も持参されているよう。

 【達人 壱】帽子をかぶった好々爺。にこやかで飛行機歴数十年!巷説百物語で例えれば事ぶれの治平。
 【達人 弐】長髪の男性。無償でメンテしてくれた温厚な方。同じく例えれば百介。
 【達人 参】釣竿で立体飛行機凧を飛ばす殿方。空中で釣竿から飛行機を離す離れ業を披露。例えれば又市。

 見るに見かねたのか、わざわざ達人壱さんが声をかけてくれて、ダーリンの購入してきた飛行機の調整をポイントを教えてくれ、達人弐さんがゴムまで替えてくれてメンテナンスして下さいました。そうしたら…飛ぶ飛ぶ。同じ飛行機とは思えないっ!

 親子連れ、カップル、ロンリー、子供。色々な人が空を舞う飛行機を眺め、のんびりとした時間を過ごしていました。夕日に変わる頃、公園を後に。戦争も何もない、こんな当たり前の平和な日がずっと続きますように。60年前は戦闘機がたくさん飛んでいたであろうこの地に立って、強く思わずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 3日 (水)

国内で行きたい場所

 書店から帰宅したダーリンが手に持っていたのは【時刻表】(笑)。

Q「(^^;ど、どうして航空ショー見てきた帰りに時刻表なの?」
ダ「だから好きなんだよ、電車」

 そう。ダーリンはオタ○…とまではいかないけれど、鉄道ファンなので時折その類の本は増る。でも会社で一日社食以外では50円使うかどうかの人だから”お金のかからないマニ○”とでも言っておきましょう。それにしても航空ショー見てどうして電車なのかはわからない。(私は池袋でディズニーストアを徘徊していたので別行動。お互い好き勝手だ)

ダ「いいか?これすっごい便利なんだよ。いいから好きな場所言ってみな」
Q「好きな場所ねぇ…特別には…。どっか行きたいの?」
ダ「(小怒)だから、行きたい場所でいいから言ってごらん」
Q「じゃ、京都。修学旅行で行ったきりだし」
ダ「で、京都のどこ?」
Q「一条…」
ダ「どうしてそこなの?」
Q「(--;;;;別に…」

 そう。陰陽師ファンならば誰もが知っている一条戻り橋。でもそんなディープな話はダーリンに理解を求められないので、あえてここは口を閉じる私。

 ダーリンは4秒程で京都への路線と時間のページを開き、得意げに細かく説明をしてくれた。そしてまた、他はどこ行きたい?と聞いてきて。

Q「…恐山」

 そこでダーリンは3秒程であっという間に検索君。

ダ「途中からバスだな…で。バスが1日…3本、ん?3本しかないじゃん!しかも午後15時40分が最終?! 日帰りできないぞ」
Q「夜は…無いのかぁ。」
ダ「夜は無いっ!(怒)それに俺は絶対に行かないからなっ!

 そう断固として突っぱねられると、どうしても一生に一度位は行ってみたいという気持ちがふつふつと沸くQ。いつかは…きっと(めらめら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年11月 2日 (火)

主婦の野望

 お家を探しています。それがなかなか難しゅうございます。。。都内でも23区外なので、それほど高くないかな?と思っていた私の希望は早くも絶たれてしまった状態です。隅っこといえども東京。それはそれは敷居が高くて。

 もちろん駅から至便・日当たり良好・リーズナブル・駐車スペース有り・閑静な住宅街・諸々~なぁ~んて全ての条件は到底満たせません。

 例えば。
 駅から至便→。商業地や人通りが多く、閑静な住宅街とは反するけど、おつかいもお出かけも便利。
 日当たり良好→駅から離れた方面に多い。それでも日々暮らすには大事。
 リーズナブル→駅に近い程高く、もちろん遠いと安い。この場合安いといっても日常は使わない桁の金額。
 駐車スペース→駅近辺はギリギリのスペース、もしくは月極駐車場を借りる。郊外だと二台駐車当たり前。我が家は一台で十分。∴この中間距離がいいらしい。
 閑静な住宅街→便利をとるか、こっちをとるか。難しい問題だぁ。。。

 現在築12年程の戸建てを借りていますが、それはそれで快適。でも家賃も年間100万を超えてしまうと、長い目でみたら買ってしまいたいとダーリン。

 それ以上に、ダーリンにもしもの事があっても家が残るじゃん。ふふふ(悪魔)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »