« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月26日 (日)

【携帯カキコ】点滴シター4

 はっ?も、もしや?
看護婦さんに恐くて聞けない質問が脳裏をよぎる。

 【私、口開けて寝てましたか?】

 【まさかイビキかいてませんでしたか?】

 【さらに寝言なんか言ってませんでしたか?】

あぁ…_| ̄|〇こっぱずかしい。きっとあの病院のロッカールームで彼女達の本日の笑いネタにされてる気が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【携帯カキコ】点滴シター3

 目を開けたら看護婦さんが点滴をはずそうとしてた。看護婦さんがいきなり黙ってそんな事してる訳は無い。きっとカーテン開ける時に声かけて、で、針はずす時にも声はかけてるはず;
 30分という短い時間にもかかわらず、思い切り寝ていたらしい;;恥ずかしいので具合悪くて返事できなかったフリをする。

Q「ス…スミマセン…(弱々しく)」

 自分は弱っているにもかかわらず、看護婦さんをに対して敬意を払う素敵な女の出来上がりだ。(妄想)
 …にしても、何でこんなに口乾いてるんだろ?…点滴うったばかりなのに喉乾いてるし。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【携帯カキコ】点滴シター2

 地元かかりつけ病院に連れて行ってもらい先生に診てもらったら、点滴した方が回復も早いし体が楽に感じますよ、と言われオススメされるままに。

 Q心の声「久しぶりだなぁ…点滴凹。(ポタポタ落ちる液体見ながら)でも射ってる間つまんないんだよなぁ〜本でも持ってくればよかったな。でも頭痛いし気分悪いし、読書どころじゃないわ、コリャ。病院のベッドじゃな〜んか落ち着かないし、寝らんないのよね〜」

 しばらくしたら、誰かが私の手のテーピングをはがしてる気配がして…(;^_^A目が覚めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【携帯カキコ】点滴シター

 いやぁ〜久しぶりに点滴しました。(;^_^A
 結果としては単なる感冒性胃腸炎とオマケの疲労というやつだったので、大した事はなかったのですが。それでも渦中は苦しいもので…。

 土曜の朝、起きたら何やら頭痛がひどい。寝直したら治るかな?と思う間に吐き気がひどくなって。皆さん経験あるでしょうが、頭痛がひどい時に何度も吐き気をもよおす、ってよけい頭にガンガンきてつらいですよね。そうしてるうちにどんどん弱ってきて、自力で病院に行くつもりがいけず、休日を満喫するはずのダーリンに朝から助けを求めました。(@_@;)スマヌ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

アマリリス

 春めいてきたので、以前頂いたアマリリスの栽培キットを開いてみようと思い、玄関に放置していた箱を開いてみました。

Flw4

 ^^;すでに育ち始めていたアマリリス。恐るべし。

 栽培の箱には”芽がでるまでは室温20度以上”だとか、暖かめにするように注意書きがあったので、夜にあまり冷えるうちは…と思っているうちにアマリリスは自立。
 ”芽がでたら水をたっぷりあげましょう”と注意書きにあったので、箱を開封した途端水をやることに。すまん、アマリリス。さぞかし喉が渇いた事でしょう。(・。・;

 うわぁ~どうして勝手に?と一瞬考えてしまったものの、種と違って球根だから芽が出る時は勝手にでるはず。もう一度小学校の理科でヒヤシンスだの、球根の栽培を学ぶ必要があるようです凹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

【公】の顔と【私】の顔

 今日の夕食時にダーリンが突然言った。

ダ「(゜o゜)お前…今日なんかかわいいな」

 へ?こう言った時の夫婦の会話は要注意だ。
 (1)何か別なおかずを足してほしいときの催促をしたい
 (2)何か下心がある
 (3)頼みにくい依頼事がある
 (4)本当に私が可愛い

 …何だ?^^; 相手の出方を待つ格闘家のように、私は心の中で間合いを見極めようとしている。

ダ「あ!わかった!」

 さらに警戒を強める私。内心はジャブ体制だ。

ダ「お前今日、化粧してるじゃん♪わかったわかった。でも…何で今日化粧してんの?」

 ヨロリ_| ̄|○ そ、それですか。嬉しいことに答えは4番。

Q「な…何でって何で?」
ダ「それ答えになってないぞ(^_^;)」
Q「いつも…してるよ…?お化粧」

 そこでしばらく逡巡。あ、そうか。
 このところダーリンは年度末につき、夜中にならないと帰宅しない。朝はダーリンが出勤してから身なり(ドライヤー&お化粧)を整える。つまりキチンとした状態をしばらく見てもらっていない。整理すると。

朝早め 髪ハネ&そのままの格好で見送り。
↓A
朝遅め  身なりを整える。
↓B
夜 お風呂に入る。セットはしない。
↓C
深夜 私は寝てるか微妙な時間にダーリン帰宅。

 AとCの時間はホームウエアですっぴんで、場合によっては髪もヨロヨロ。
 Bの時間は主婦の無難ファッションでも髪も整え、薄化粧もしてる。

 そのBの時間帯をダーリンはここしばらく全く見ていなかったのであって…これは連れ合いとして重大な危機?!いけない、このままでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

図書館の…顔……?

book11  新聞広告で見た新しい本を、頼んでおこうと図書館に行きました。カウンターで、

Q「リクエストしたい書籍があるのですが…」

 と、リクエストカードを提出しようとしたら、係りの方が”お取り置きカウンター”にいそいそと。そして何かを探されている様子。

Q「(用紙を置いて待つ)…?」
係り「…(探しながら)…はっ?」

 そして私がカウンターに出したリクエストカードに気づき、慌てて戻ってらっしゃいました。

Q「新しい本なので、入り次第お願いします」
係り「あ、(^_^;)は、はい…」

 1歩。2歩。3歩。ん?今の動きは一体なんだったのでしょう?
 お取り置きカウンターは”誰かが頼んだ本を置いておく場所”のはずなのに、手ぶらの私がカウンターに立つのを見た途端そこに行って書籍を探した…ということは。

 「覚えてるんですか?私を?^^;
  覚えちゃったんですか?いつも頼む偏ったジャンルを?^^;;
  覚られちゃったんですか? 
  
ダーリンに言わせると”印象に残る変な本”の人と?^^;;;」

 戦時中なら確実に思想犯で何度か連行されていたかも。

*写真は先日お願いした「怪談の学校」と「陰陽師 瀧夜叉姫(下)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

「メイク・ア・ウイッシュの大野さん」他

 図書館に頼んでおいた書籍がやっときました。「メイク・ア・ウイッシュ」というボランティア団体をご存知の方いらっしゃいますか?難病を抱えた子供達の為に”夢を叶えるお手伝い”をする団体です。以前テレビでとりあげられたのを観ていたことがあり、書籍化するというので一読したいと思いました。

 夢を叶える事によって、”またがんばろう”とか”叶わない夢はないんだ”と、前向きに生きる力を与えられるのですね。テレビの時もそうでしたが、本もわずか数ページで根性無しの私はもう涙ぼろぼろです。こんなに涙もろくて情けない人間は、メイク・ア・ウイッシュのような立派な活動は絶対にできません。

 ここに出てくる活動されている方は、”どうすればこの子の夢をかなえられるか””その為には何をすれば良いか””必要な対策は何か””不測の事態の対処は”と、常に考えて行動し、出来うる限りのコーディネートをされているのです。

 余命いくばくかも無く、夢を叶えて安心して天国に逝かれた病気の方。
 難病を抱えながらも、夢を叶える事により、前向きに病気と闘う力をもらった方。

 そのようなお話がいくつかまとめてあります。
 元気な体を持ちながら、いつでもできるからいつかやろう、なんて甘い考えを持つ私は、とても恥ずかしくさえ思います。前向きに、ひたすら生きてみようという勇気が沸く本。素敵な生き方と勇気がいただけます。

*戦後事件史はその名の通り。ホリエモン現象と比較してとりあげられていた光クラブ事件なども載っていて、名前は知っているけど内容を知らない、というような事件のあらましが簡潔にまとめられていました。

book10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

死にカタログ 他

 昨日親戚の告別式に行ってきました。何度このような席に行っても悲しいものです。
 小田急線に揺られて、ちらほらと感じる桜の姿を追いかけながら、死って何だろうと改めて思いました。

 2週間程前、「死にカタログ」という本を図書館で借りました。
 それにはコミカルな絵とライトな文で、国や民族による死の扱い方が載っていて、日本との違いを淡々とまとめてあるのです。ちょっとした絵本みたいです。

 日本では”死んだら天国か地獄”とか”輪廻転生”とか”あの世”とか、まぁ宗派によって違いはあると思いますが一般的にはそういう感じで受け止められているかと思います。

 それが…本によると、とある南の島の方々は、”死ぬという事は隣の島に行くことで、亡くなった方はその島でずっと暮らし、ある時脱皮(笑)して、大きな葉にくるまれてまた元の島に生まれてくる”という輪廻転生の考え方だったり。
 そしてまたとある国では亡くなった方は”最初からいなかったものとする”という考え方(驚いた)があったり。亡くなった人の事を語る事はタブーだとか。”この世界にはあるべきものしかなく、無いものは無い”京極堂(京極夏彦の小説妖怪シリーズの登場人物)のような考え方もあるのだなぁと。シミジミ

 京極堂が語っていた台詞の中に”葬儀というものは生きている人間に、死というものを納得させ、それを受け入れさせる為の通過儀式である”というようなものがあったかと思います。このような儀式を通して、私達(彼岸と反対のコチラ側)は心を落ち着かせていくのでしょうか。

 何にしても、自ら亡くなってからでないと本当の事はわかりませんが。
book9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

お菓子の戦利品

 ひなまつりといえば甘いもの。
 甘いものといえばお菓子。

 お天気もいいので、以前書いた界隈の激安お菓子やさんへGO!
 合計16点15xx円。平均1点100円弱ですが、驚くなかれ。

 元値が200円以上の品が数点入っているのでお得感がザックザク。
 しばらくは買わなくてすみそうです。

 ダーリンの「((((;゚Д゚))))俺の給料菓子に化けたのかっ!?」という声が聞こえるような…

okashi2 (微妙に修正済画像)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »